売れていない理由

「WinActor」が思ったほど売れていない!?

「RPA」という言葉がビジネスマンに浸透しつつある今日この頃。

NTT関連の会社で働いている知り合いのセールスパーソンA氏に聞いてみても、日本で最も有名なRPAである「WinActor」に対しての問い合わせはうなぎ上りなのだとか。

「それでは、忙しくて大変でしょ?嬉しい悲鳴が飛び交っている?」と聞いたところ、予想外の返事が。

A氏
「いや、そうでもないんですよ。。。」

 

RPAが思ったほど売れていない現状

問い合わせ自体は多いそうですが、受注まで辿り着くのは、そんなに多くないそうです。

また、受注金額も彼らからしてみれば、物足りないそうで、外からみる景色と内は違うようですね。

その理由を詳細に聞いてみると、

A氏
お客様から問い合わせを頂いて、まずは営業が伺うのです。そこでお客様の本気度が高ければ、次回はWinActor専門のエンジニアも同行し、実演するのです。
WinActor専門のエンジニアまで同行してくれるのは、心強いですね!じゃあ、楽勝じゃないですか?
A氏
いえいえ。一番のネックは、RPAは簡単にできる!とお客様が思っていることなんです。まあ、我々もノンプログラマーでも扱えますと謳っていますが。
なるほど。エンジニアの”簡単”と一般事務の人の”簡単”に差があるということですね。
A氏
そうなのです! なので、お客様の目の前で自動化のシナリオ作成を実演してみると、お客様の顔色が変わっていくのが分かるのです。
あぁ、お客様の顔が全然簡単じゃないじゃん!という顔になっていくのですね。
A氏
残念ながら、そうなのです。(苦笑)
まあ、仕方がないですよね。変数とかループといったものは、プログラムの素地が無い人が見ると、簡単に見えないんですもん。
A氏
ええ。なので、失注も少なくないんです。 あとは、当初は「全社で大々的に導入することを考えているので・・・」と言っていたのに、結果として、「まずは”1台だけ”試しに…」とスケールダウンするケースも少なくないですね。その1台の為に何度訪問したことか(涙)
エンジニアを含めて、数人が100万円(1年のライセンス料金)の為に、3回も4回も訪問させられるのでは、確かに割に合わないですよね。
A氏
そうなのです。我々としては将来への投資とも考えられますが、一方で営業としてノルマがありますから。WinActorだけを売っている訳にはいかないのです。

 

—以下、省略—

というのが、現状のようです。

 

RPAが思ったほど売れない理由

そうはいっても、RPAはまだまだ黎明期ですからね。

社内に詳しい人がいなくて当たり前。

バックアップ体制も充分といえない状況で、大量ライセンス・即決というのは、難しいでしょう。

売り手は、「有償ですが特訓コースなど充実しています!」と言いますが、1日そこら習ったくらいで身につくものでもありませんし。

また、インターネット上でも、「どうやってロボットを作成するか?」といった情報は、まだまだ十分ではありません。

エクセル(マクロ)などの情報だと、少し検索すれば大体出てきますが、WinActorに限らずRPA全般として情報不足なのです。

まあ、まだ実際にロボット作成のレベルで使っている人が少ないですし、ワードやエクセルのように個人で買って使う人もあまりいませんから、どうしても発信される情報の絶対数も少ないのは、仕方がありませんね。

>RPAの導入から運用/保守までをお手伝い

RPAの導入から運用/保守までをお手伝い

導入にあたり、お客様側でRPAソフトやパソコンの用意は必要ありません。 社内にPCに詳しい担当者がいなくても大丈夫です。 まずは小さく導入を!とお考えであれば、お気軽にご相談ください。 <東京・神奈川・埼玉・千葉の法人様に限らせて頂いておりますので、ご了承ください>

CTR IMG