main_image02

May RPA be with you!

~ 失敗しないRPA(Robotic Process Automaiton)導入を目指す人達に ~

「RPA」導入事例から学ぶ ~中小企業において導入検討時に気を付けるべきこと(その1)~

RPAはその価格が安くないこともあってか、実際の導入は大企業から普及が進んでいます。 しかし、アンテナの高い中小企業においても、導入を検討しているところは多く、RPAの説明会などは結構早い段階で満席になることも少ない無いという状況です。   では、実際に導入は進んでいるのか?というと、問い合わせはしたものの…、説明会には参加したものの…、といった感じで実際に導入まで進まない中小企業も多い […]

RPAを使えるようになるためには?

「RPAは、ノンプログラマーでも使える簡単なツールです」 このフレーズ、嘘です。(苦笑) 「嘘」というのは、言い過ぎかもしれませんが、物は言いようだなと思うというのは、今まで何度か書かせて頂いた通りです。 ひょっとして、「RPAが使える」という表現は、出来上がっているロボットを使えるという意味かもしれません。それであれば、確かにダブルクリックするだけで、誰でも使えます。   冗談はさてお […]

RPAで自動化すべきことは、案外少ない!?

「折角、RPAを入れたのだから、少しでも多くのことを自動化したいのです!」   確かに、その意見あると思います。 ワンクリックで、流れるように動作が行われる様は、見ていても気持ちの良いものです。 しかし、RPAを推奨している自分が言うのも何ですが、何もかもをRPAで自動化する必要は無いと思っています。 何と言いますか、RPAを入れると、「コレクター心理」みたいな強迫観念に駆られる人がいま […]

RPAを自社導入する費用は、いくら掛かるの?

一言で「RPA」といっても、大きく分けると2つあります。 PCやサーバにインストールして利用するタイプのもの。 こちらは「インストール型RPA」と呼ばれます。 一方、インターネット上(厳密にはどこかのデータセンターに設置)にあるサーバに入っているRPAソフトを利用するタイプのもの。 こちらは、「クラウド型RPA」と呼ばれています。 それぞれに一長一短ありますので、自社の利用方法に合うものを選んでご […]

1台のRPAでどこまでできる?

他の記事でも書かせて頂いた通り、RPAの多くは「1年間のライセンス制」になっています。 なので、2年目以降も継続して利用したいのであれば、再度同額の支払いが必要となります。   そして、そのライセンスには「ロボットの作成&実行」と「ロボットの実行のみ」の2種類で構成されているものが多いです。 WinActorを例にとると、 ロボットの作成&実行 ⇒ 約90万円/1ライセンス<税抜き> ロ […]

中小企業において、RPA導入検討段階でよくあること

ニュースによると、日本においては0.3%しかない「大企業」と呼ばれる資本金・従業員数が多い会社においては、多少なりともRPAが既に導入されているそうです。 そういったこともあり、いよいよ中小企業においても、「RPAの導入を検討している」というところは少なくありません。 日本企業のRPA導入において興味深いのは、人員削減のためのRPA導入ではない場合が多いことでしょうか。 外資系であれば、RPAによ […]

RPAにおける「ロボット開発のプロセス」

RPAを使って自動化!と息巻いたものの、どこをどう自動化すれば良いのか分からないというケースは多いものです。 こちらとしても、「この業務、自動化できる?」と聞かれれば、実際の画面を見た上での話になりますが、お答えし易いです。 逆に「提案してくれ!」と言われると、結構難しいことが多いのは確かです。 なぜなら、みなさんの現場事情はそれぞれだからです。 世の中には、業務内容を測定し、RPA化を提案するソ […]

日本において「RPA」が爆発的に普及しはじめる時は、いつ?

マーケティングの本を読むと良く出てくる単語があります。 それは、 導入期 ⇒ 成長期 ⇒ 成熟期 ⇒ 衰退期  という「製品ライフサイクル」と呼ばれるものです。   ご存知の方も多いと思いますが、簡単に説明しますと、 <製品ライフサイクル> 「導入期」は、まだサービス自体の知名度もなく、売り手は世の中に対して啓蒙的な広告を打っていく必要があります。 「成長期」に入ると、そのサービスの知名 […]

「WinActor(ウィンアクター)」体験談

日本で最も売れているといわれるRPAソフト、それが「WinActor」です。 他のページでも書かせて頂きましたが、改めて最初にWinActorの説明を致します。   「WinActor」 ■NTTアドバンステクノロジ社製 ■価格 フル機能版 : 1台当たり90万8000円/年 実行版   : 1台当たり24万8000円/年 ■RPAとしてのスタイル パソコン1台につき、1ライセンス購入し […]

RPAロボット作成において、柔軟性を持たせる方法

以前、RPAには「Attended Mode」と「Unattended Mode」があることをご紹介しました。 (まだ読んでいない人は >>こちら) それと関係あるのですが、RPAにおける作業のすべてを全自動(Unattended Mode)にすることが、いつも良い訳ではないこともあります。   RPAとは何か?とインターネットの単語帳で調べると、 「(一度設定すれば)人間がPC上で行う […]

>RPAの導入から運用/保守までをお手伝い

RPAの導入から運用/保守までをお手伝い

導入にあたり、お客様側でRPAソフトやパソコンの用意は必要ありません。 社内にPCに詳しい担当者がいなくても大丈夫です。 まずは小さく導入を!とお考えであれば、お気軽にご相談ください。 <東京・神奈川・埼玉・千葉の法人様に限らせて頂いておりますので、ご了承ください>

CTR IMG